~「講話集会」中学部担当・山田信彦先生~

 1月30日(水)講堂において「講話集会」が行われました。今回の担当は、中学部2・3年生担任で、社会科を主に担当する山田信彦先生です。
 山田先生は、中学生の頃、55歳から日本を歩いて測量し、正確な地図を作った伊能忠敬のことを知って強い感動を受けます。そして中学の社会科教師を目指すなかで、教科書だけでなく、見聞を広げ、実体験を踏まえて興味深い授業のできる教師を目指そうと、学生時代に自転車で日本一周をしたエピソードを話しました。数々のアクシデント、人との出会い、素晴らしい風景などを紹介しました。
 最後に「自分の可能性を開くため、失敗を恐れずチャレンジする心を大切にしていってほしい!」と語りかけていました。








2019年02月07日

~小学部1・2年生音楽発表「こぎつね」「翼をください」を披露~

 1月31日(木)放課後、講堂において小学部1・2年生が音楽の授業で習った「翼をください」の合唱と「こぎつね」の合奏を発表しました。
 元気いっぱいいきいきと歌う姿や、一生懸命に鍵盤ハーモニカや鉄琴・木琴などを演奏する姿がとても可愛らしく、この1年間の成長した姿も垣間見られました。
 坂巻先生の指導の下、素晴らしい演奏をしてくれた小学部1・2年生のみなさん、ありがとうございました。









2019年02月07日

~小学部3年生国語「ちいちゃんのかげおくり」発表が行われる!~

1月21日(月)放課後、講堂において小学部3年生が国語で勉強した「ちいちゃんのかげおくり」の音読発表が行われました。一人ひとりが自分の配役の人物の気持ちを考えて声のトーンや抑揚で上手に表現していました。途中、身振り手振りで場面を表現するところもあり、とても伝わるものがありました。










2019年01月25日

~「新年お楽しみ会」が行われる!~

 1月17日(木)釜山日本人学校講堂において「新年お楽しみ会」が開催されました。
 これには、釜山総領事館と芙蓉会の関係者の方にもご参加頂きました。

 第一部は、福岡県の沢柳企画さんから【はせがわ天晴(あっぱれ)】さんという芸人さんが パントマイムとバルーンアートをおもしろ楽しく披露してくださり、子どもたちは、見入ったり、大きな拍手を送ったりして大喜びしていました。
 特にパントマイムは、そこにはない壁や大風などを身振り手振り、そして表情で巧みに表現されていて、見ていてとても感動しました。
 続くバルーンアートでは、音楽とあっぱれさんの巧妙なトークで、テンポよく次々と風船が動物や物に大変身、小学部の児童たちは、目を丸くしたり、大きな歓声をあげたりして、大喜びでした。
 最後に、私たちが11月のPTAバザーで売り上げた収益金の一部を、沢柳企画さんを通して平成30年7月豪雨の被災地に義援金として贈ることになりました。児童生徒会代表から天晴さんに手渡しました。
























 
 第二部は、芙蓉会の國田房子会長から贈って頂いたもち米を、PTAのお母様たちが朝早くからご準備してくださり、それを蒸らして「お餅つき体験」をしました。
 小学部1年生から中学部までみんなが杵を元気いっぱいに振り上げ、“ヨイショ!ヨイショ!!”のかけ声にあわせて餅をついていきました。
 できあがったお餅は、きなことあんこ餅にしておいしく頂きました。
 また、むかしの遊びコーナーも用意され、コマやだるま落とし、けん玉やめんこ、福笑いなどを思い思いに楽しみました。
 海外に居ながら、お正月気分を楽しんだり、楽しいパフォーマンスを見たりして、とても楽しい時間を過ごすことができました。
 ご協力いただいた皆様、大変にありがとうございました!


2019年01月25日

海外子女文芸作品コンクール受賞

 本校児童の応募作品が、海外子女教育振興財団「第39回海外子女文芸作品コンクール」で優秀賞をいただきました。
 以下に紹介いたします。

「笑顔あふれたナザレ園訪問」 

 「한 번 더、한 번 더!(ハンボンド、ハンボンド!)【アンコール、アンコール!】」
 私は慶州ナザレ園へおばあさんたちに笑顔になってもらうために、歌、手遊び、そして折り紙のプレゼントをしに行きました。ナザレ園は、戦争の時代に韓国に来た日本人のおばあさん方が暮らしておられるところです。そして、おばあさんたちの平きん年れいは九十三才だそうです。私はそれを聞いてビックリしました。
 このようなナザレ園に、私たちは約二時間かけて行き、交流会の会場に入っていきました。会場に私たちが入っていくと、おばあさんたちが、
「かわいいね~。ありがとう~。」
と笑って言ってくれました。そんな姿を見て、逆に私たちが笑顔をもらった気分になりました。
 いよいよ私たちの発表です。学年ごとに春夏秋冬に分かれて、その季節に合った歌を韓国語で歌いました。私たち五・六年生は秋を担当して、秋の歌を歌いました。私は大きな声はもちろんでしたが、それ以上に笑顔と、大きな動作を意識して歌いました。すると、おばあさんたちは手びょう子をしたり、一緒に歌ってくれたりして楽しんでくださいました。その時、「ここに来て本当によかったな。」と思いました。最初の練習では、とてもはずかしくて少ししか体を動かせませんでしたが、おばあさんたちの笑顔のおかげで、私たちの発表も良いものになったと思います。
 次に、おばあさんたちと一緒に手遊びをしました。手をにぎっているだけで、おばあさんは喜んで、おこづかいまでわたそうとしてくれました。私は、おばあさんたちともっと一緒にいたいと思いました。
 最後に全員で、韓国の「コヒャンエポム」と日本の「ふるさと」を歌いました。「ふるさと」は日本でもたくさん歌ってきましたが、ここで歌う「ふるさと」は特別だなぁと思いました。歌い終わった時、ビックリすることが起こりました。
「한 번 더、한 번 더!(ハンボンド、ハンボンド!)【アンコール、アンコール!】」
と、アンコールのはく手が続いたのです。私は、思ってもみなかったことが起き、とてもうれしい気持ちになりました。もう一度みんなで、「コヒャンエポム」と「ふるさと」を一回目以上に元気に歌いました。すると、おばあさんたちももっと元気に歌ってくれて、私も温かい気持ちになりました。
 私は今回のナザレ園訪問を通して、おばあさんたちに笑顔になってもらうには、自分からはりきって笑顔で楽しむことが大切だなぁと感じました。またいつか、ナザレ園のおばあさんたちに元気で会いたいです。そして、また会える時には、今年以上に笑顔になってもらえるように、私もおばあさんたちとの時間を楽しみたいです。
2019年01月25日

~なわとび練習がスタート!~

 1月15日(火)の中休みから保健体育委員の主導で「ファミリーによる長縄練習」がスタートしました。
 これは、釜山日本人学校の毎年1月の恒例行事になっている「なわとび大会」に向けた取り組みのひとつです。
 「なわとび大会」は【個人の部】と【団体の部】が2日間にわたり実施されるもので、
 【個人の部】では、両足跳び前、両足跳び後、交差跳び、あや跳び、二重跳びの5種目を
 制限時間内に学年ごとの規定回数を跳ぶことを目指し頑張ります。
 一方、【団体の部】では、小学部1年生~中学3年生までの縦割りグループである4つの
 「ファミリー」に分かれて長縄の連続跳びの合計回数を競います。その第一回目の全体練習が行われました。これから、跳び方、回し方を工夫したり、かけ声を決めたり、それぞれのファミリーが団結して本番を目指します。果たして何回の跳ぶことができるのか、ぜひ、ご期待ください。




















2019年01月16日

~群馬大学生によるインターンシップが始まる~

 1月14日(月)より10日間、群馬大学からの大学生インターンシップが始まりました。
 初日、群馬大学の新井教授とともに教育学部数学専攻4年生の藤本旺輝さん、中村英樹さんが子どもたちと対面し、あいさつを交わしました。
 お二人は、日本の小・中学校で教育実習をしたうえで、海外日本人学校で学ぶ子どもたちの様子を見てみたいと、インターンシップを行います。
 専攻の算数・数学をはじめ、様々な教科の授業を見学するとともに、実際に教壇に立って算数の授業を行っています。
 授業、休み時間、昼食、清掃など、子どもたちに寄り添いながら、多くのことを体験し、学び、充実したインターンシップとなることを念願します。



















2019年01月16日

~「避難訓練」が行われる~

 1月9日(水)午後、火災を想定した避難訓練が行われました。
 各クラスで火災で避難する際の注意事項を確認し、訓練開始。ハンカチで口を押え、低い姿勢で校庭に素早く避難しました。
 その後、講堂において、火災の際の「消火器の使い方」について学びました。
 「学校のどこに消火器があるのか知っていますか?」「どんな時にどうやって消火器を使ったらいいのか」などを学び、最後に自分たちでクイズを作りみんなの前で発表し、互いに防災意識を高めることができました。
 日頃からいろいろな場面を想定した訓練を行うとともに、こうした防災意識を高めておくことが大切です。























2019年01月10日

~「3学期始業式」が行われる~

 1月8日(火)釜山日本人学校の「3学期始業式」が行われました。日本や韓国でそれぞれが充実した冬休みを過ごし元気いっぱい登校しました。
 始業式では、みんなで元気いっぱいに「釜山日本人学校校歌」を斉唱。
 校長先生から「今の友達や先生方と過ごせる一日一日を大切に、悔いなく、自分の気持ちに正直に『明るく正しくたくましく』」過ごしていけることを願います」とのお話がありました。教職員一同、みなさんの活躍と成長を精一杯サポートして参りたいと思います。

 

 また、生活指導の先生から終業式で出されていた宿題「今年の決意を漢字一字で表現すると…」について、各学年の代表がみんなの前で元気よく堂々と発表してくれました。  みなさんの新年の決意が達成できるよう共々にがんばっていきましょう!


2019年01月10日

祝2019年 

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。
2019年01月07日