「水泳教室」

7月6日にコロナ感染症の影響で中断していた「水泳教室」が3年ぶりに開催されました。ただ、過去に使用していたグランドホテルがなくなったために、今年度からは「海雲台教育支援庁共同体育館」のプールを利用して実施することになりました。

コロナ感染症が完全に落ち着いた状況ではない中で、実施に向けて何度も会議を行い、下見を行って実施することを決定しました。水泳の授業は命に係わる場面があることから安全面については最大限配慮しました。教職員全員がプールでの安全確認の作業をするため本来見学するはずの子どもたちを見学させることができませんでした。

子どもたちはプールに入れることでとても喜んでいました。プールは学校が貸し切りしているわけではありませんので、一般の方も利用されています。その状況でも子どもたちはしっかりと行動していて、周りの韓国の方も微笑みながら優しく見られていました。

初日は安全講習を受けた後、それぞれの級に分かれて水泳教室を行いました。残り4日間ありますが、子どもたちの安全に配慮しながら水泳教室を行いたいと思います。

 

 

 

 

2022年07月08日

校外学習

6月17日(金)に校外学習に行きました。

行先は「在釜山日本国総領事館」「国立海洋博物館」です。天気は快晴。今回総領事館からお声がけいただき総領事館訪問が実現しました。

2年前にも一度訪問させていただきましたが、コロナ感染症の影響で昨年度は実施できませんでした。総領事館のみなさまにはお忙しい中ご対応いただきありがとうございました。また、昼食場所も提供いただき助かりました。丸山総領事と一緒に昼食を食べた子どもたちもいました。総領事館の方たちがどんなお仕事をしているのかを知ることができて子どもたちにとって良い経験になったと思います。本当にありがとうございました。

午後からは「国立海洋博物館」に行きました。学年ごとに行動し、韓国と海との関りや海洋生物について学ぶことができました。子どもたちも元気いっぱい楽しんだことだと思います。

2022年06月20日

「授業参観」[PTA総会」「学校説明会」

5月14日(土)に「授業参観」「PTA総会」「学校説明会」を行いました。この2年間コロナ感染症対策で、多くの保護者の方が来校できない状況が続いていましたが、韓国のコロナ感染症対策の方針が緩和方向に舵を取り始めたことで、今年は保護者の方にも直接子どもたちの様子を見ていただくことができました。

子どもたちはさすがに緊張していたようですが、しっかりと授業を受けている姿を見てもらえたと思います。参観後は本校講堂で「PTA総会」「学校説明会」を行いましたが、ここにもたくさんの保護者の方に参加していただくことができました。

韓国内のコロナ感染症対策を見ていると、今後さらに緩和が進み近いうちにコロナ感染症がなかった時の状況になっていくと思われます。学校でも多くの行事に取り組んでいきたいと思います。

2022年05月17日

丸山総領事、キム・ソクジュン教育監来校

21日(木)午前に在釜山日本国総領事館 丸山総領事と釜山広域市教育庁のキム・ソクジュン教育監並びに領事館関係、教育庁の方々、民楽小学校の校長先生が来校されました。事前に丸山総領事がキム・ソクジュン教育監と会談されたときに丸山総領事が釜山日本人学校のことをお話しくださり、今回キム・ソクジュン教育監や教育庁の方々が来校されることになりました。

当日は小雨が降る中、本校講堂で領事館、教育庁、日本人学校との話し合いが行われ、釜山日本人学校に関心を持っていただく良い機会となりました。また、民楽小学校の校長先生とはコロナ感染症のため今までお会いできず、初めてお目にかかり今後の交流についてお話ができました。釜山日本人学校が釜山にあることの意義を考え、これからも地域の方々に応援していただけるよう頑張っていきたいと思います。

 

 

2022年04月25日

「第47回 入学式」

4月18日(金)に令和4年度「第47回 入学式」を挙行しました。今年の入学生は小学部4名、中学部5名の計9名です。

当日は在釜山日本国総領事館 総領事 丸山 浩平様に来賓として参列いただき、ご祝辞をいただきました。本来なら多くのご来賓のみなさまにも参列いただきたかったのですが、コロナ感染症対策のため人数を制限させていただきました。参列いただけなかったご来賓のみなさま申し訳ありませんでした。また、入学生に対して「韓日文化交流協会」「韓日親善協会」「YMIS」「日本人会」様から心あたたまる記念品をいただきありがとうございました。

式場内には新入生とその保護者、ご来賓、学校運営委員長、教職員のみが入り、在校生は教室で在校生保護者はオンラインで参加しました。国歌斉唱の後、学校運営委員長から新入生に入学許可書を渡していただき、式が始まりました。

小学校1年生に入学した子どもたちは、難しい言葉がたくさんあったにもかかわらずしっかり聞いてくれていました。中学部入学生は5名のうち4名が小学部からの進級なので、学校のことも良く知っており、落ち着いて式に臨んでいました。

私からは子どもたちに「明日も早く学校へ行きたいと思えるような学校を作っていきたい」と話をしました。学校は子どもたちが主役です。その子どもたちが光り輝く場所にしていきたいと思っています。

みなさまのご理解、ご協力をお願いいたします。

 

2022年04月20日

令和4年度 「着任式」「始業式」

4月12日(火)に「令和4年度 着任式・始業式」を行いました。令和4年度は児童生徒30名でスタートです。小学部1年生の子どもたちは18日(月)「入学式」からの登校になります。

「着任式」「始業式」ではコロナ感染症対策のため、転入生とその保護者の方のみが講堂に入り、他の在校生は教室や自宅からオンラインで参加する形になりました。早く全員が講堂に集まって、みなさんの前で話をしたいと思っています。

「着任式」では今年度2名の先生を新しく迎えました。とても元気で明るい先生方ですぐに子どもたちとも打ち解けていました。児童生徒会代表の生徒が歓迎の言葉を伝えてくれて新しい先生方もうれしかったと思います。

「始業式」で子どもたちにこれから頑張ってほしいことや新担任の先生を伝えました。また、今年度から音楽の講師として小川先生、韓国語の講師として崔 先生(昨年度までおられた櫂 先生は3月末で退職されました。)の紹介をしました。

式終了後子どもたちの様子を見ましたが、明るい表情で過ごしていて安心しました。昨年度はコロナ感染症の対応で子どもたちや保護者のみなさまにご不便、ご心配あをおかけしましたが、今年度はそのようなことがないように願っています。

2022年04月13日

「卒業式」「離任式」

本日(7日)「第46回卒業証書 授与式」「離任式」を行いました。当初「卒業式」は4日に行う予定でしたが、直前にコロナ陽性者が出たため急遽日程変更しました。
時間がない中、会議を持ち対応を考えました。結果教職員は前日に簡易検査キットで陰性を確認し、児童生徒は当日の朝検査キットで陰性を確認して実施しました。
それでも在校生は教室からオンラインで式に参加、卒業生とその保護者は講堂で式に参加するようにしました。卒業生の保護者にも検査で陰性を確認してもらいました。

 慌ただしく時間が過ぎていきましたが、何とか無事に実施できました。卒業生や保護者にとって思い出に残る式になっていればと思います。
 卒業生たちは本当に素晴らしい子どもたちでした。日本に帰る児童や釜山日本人学校中学部に進学する児童と進路は違いますが、いつまでもお互いのことを
 忘れずに頑張ってほしいと思います。                                    
 







			
2022年03月07日

オンライン国際交流

 3学期が始まり2週間近くたちました。釜山のコロナ感染症は日ごとに厳しい状況になってきています。
学校行事も制限される中、1月27日(木)の午後に群馬大学、バンドン日本人学校のみなさんとオンライン国際交流を行いました。
群馬大学には2年前までは、群馬大学生が直接本校に教育実習に来てもらっていました。今回、群馬大学の先生から「オンラインで何かできませんか」
と提案いただき、「防災絵本から洪水対応を考えよう」をテーマに群馬大学生による絵本の読み聞かせ、クイズを行いました。
また、群馬大学と交流のあるバンドン日本人学校の児童生徒、先生方も参加されて有意義な時間を過ごしました。本校の子どもたちはしっかりと話を聞き、
積極的に手を挙げ交流会に参加していました。

 コロナ感染症状況の将来がまだまだ不透明な中、できることを考えて取り組んでいきたいと思います。

2022年01月27日

「航空教室」

本日(18日)の3,4限目にJALの方々に本校児童生徒に対して「航空教室」を実施していただきました。2年前にも行っていましたが、昨年は実施できませんでした。当初の予定では本校に直接来校いただいて実施する予定でしたが、コロナ感染症の状況の悪化によりオンラインで実施しました。本校、ソウル、東京と3か所をつないでの「航空教室」になりました。子どもたちも講堂に集まることを避け、各教室から参加しました。

JALの方々も初めてのことで大変だったにもかかわらず、子どもたちが理解しやすいように丁寧に説明してくれました。子どもたちにクイズを出して興味を持たせてくれたり、事前に紙飛行機作成キットを送っていただきそのキットを使って子どもたちは実際に紙飛行機を作成しました。子どもたちは普段自分たちが作っている紙飛行機とはかなり性能が違うことで大変喜んでいました。子どもたちは自分たちが知らなかったことをたくさん知ることができて嬉しそうでした。今後もこのような行事を続けていければと思います。

2021年12月17日

授業参観

11月16日(火)2限に授業参観を行いました。コロナ禍のため昨年は一度も実施できず、今年度も今まで実施できずにいましたが、コロナ防疫体制の見直しでやっと実施できることになりました。来校される保護者の検温をしっかり行い、防疫体制を整え実施しました。

子どもたちは初めての授業参観を経験する児童や久しぶりの授業参観で緊張している児童生徒がたくさんいました。保護者の方もご両親で来校される方もおられて、こどもたちの学習の様子を真剣に参観されていました。中には親子で一緒に授業に参加されている場面もありました。1クラス10人にも満たない小さい学校ですが、日本校内の学校とは違ったアットホームな雰囲気で授業ができていると思います。これからも保護者の方々に子どもたちの様子を直接見ていただける機会を作っていきたいと思います。

2021年11月16日