釜慶大学校見学

2019年7月22日、本校教職員7名で、「釜慶大学校(プギョンデハッキョ)」を見学に行ってきました。韓国にいながらなかなか韓国の教育機関を直接見学に行く時間がない文部科学省派遣教員にとっては「現地教育事情」を知る貴重な研修の機会となりました。

国立「釜慶大学校」は、1996年に「釜山水産大学校」と「釜山工業大学校」の2校が統合され発足した総合大学です。「釜山水産大学校」の前身は、1941年に朝鮮総督府が創設した「釜山高等水産学校」です。「釜山工業大学校」の前身は、1924年に創設された「釜山公立工業補習学校」です。1996年、この2校が合併協議を経て統合し、国立の「釜慶大学校」が発足しました。
さて、今回の大学見学が実現したのは、釜慶大学校日語日文学部 孫東周(ソン ドンジュ)教授のお計らいによるものです。孫東周教授は、釜山韓日文化交流協会理事長も務めておられ、在釜山日本国総領事館とともに「日本語スピーチ大会」「日本歌謡大会」等、韓国と日本の文化交流の充実に尽力されています。

今回私たちが見学したのは、旧水産大跡地に立地している「釜慶大学校大淵(デヨン)キャンパス」です。大学本部にて孫東周教授にお迎えいただき、その後日語日文学部2年生の学生さんによるキャンパスツアーを実施いただきました。大学本部を出発し、図書館、体育館、講堂、学生寮と校内を移動し、水産学科に到着しました。台風一過のとても蒸し暑い日でしたが、救いは何と言っても釜山で唯一平地にある大学ということでした。水産学科では、校舎の中も見せていただきました。特に、博物館には結構長居してしまいました。理科に熱心な先生たちが、シーラカンスのはく製等からなかなか離れてくれませんでした。

最後に、孫東周教授の研究室がある人文社会経営館にお邪魔しました。ここでは、孫東周教授と金ヒョンジョン国際交流コーディネーターが最近の状況や力を入れている研究について説明してくださいました。
金コーディネーターからは以下の内容を説明いただきました。
・釜慶大学校の現在の留学生は約1600名。
・1600名の内の400名は語学目的。
・現在の留学生の国別内訳は、1位が中国、2位がベトナム、3位に日本とミャンマー。
孫東周教授からは以下の内容を説明いただきました。
・本大学校は、釜山大学校とともに釜山に位置する国立の総合大学である。
・孫東周教授が現在最も力を注いでいることのひとつが「釜慶大学人文韓国プラス事業団」第3年次の研究推進である。
・本事業団の研究テーマは「東北亜海域と人文ネットワークの力動性研究」である。
・本事業団は「地域人文学センター」としての役割を有し、研究成果を学生や一般市民にも積極的に発信している。

説明の中で、秋に大学所有の実習船船内見学等の催しがあるので、日本人学校の子どもたちにも是非多数参加してほしいとのご招待をいただきました。詳細が届きましたら、各ご家庭にお届けいたします。今度は、子どもたちにとって貴重な体験の機会になればと思っております。

釜慶大学校の皆様、暑い中に長時間対応いただき心から感謝申し上げます。

2019年08月02日

「広安里」7月号から

ナザレ園訪問に学ぶ
釜山日本人学校 校長 長 信宏

釜山日本人学校にとって、ナザレ園訪問は最も大切な行事のひとつです。今年は、6月21日に児童生徒と教職員全員で、慶州ナザレ園を訪問しました。ナザレ園は、太平洋戦争や朝鮮戦争の混乱のなかで、日本への帰国の機会を失った日本人女性を保護・支援するためにつくられた施設です。園長の宋美虎(ソン・ミホ)先生からお聞きした話では、かつてこの施設から147名の方々が日本に帰国されたそうです。ただ、皆さんご高齢となり、この38年間は帰国した方はおられず、終の棲家としての役割が高くなっています。現在は身寄りを失うなどした9人の方々が静かに暮らしておられます。平均年齢は95歳。認知症や寝たきりの人も多いとのことで、交流会に参加できる方は3人です。お昼のお祈りの時間をいつもより早めていただき、午後2時からの発表会開始でした。客席は、日本人女性だけでなく、同じ敷地内にある施設で生活している韓国人高齢者の皆さん、そのお世話をしているスタッフの皆さんで満員でした。小学部・中学部の子どもたちが、それぞれ出し物を披露した後、子どもたちがおばあさん方の近くに行き、手遊び交流を行いました。嬉しそうに歌に合わせて手や身体を動かしてくださる方、子どもの手を取って離さない方、子どもとのおしゃべりに夢中になっている方等々、密度の高い幸せな空気に包まれた時間でした。最後に、子どもたち全員で韓国童謡「コヒャンエポム」と日本唱歌「ふるさと」を合唱しました。アンコールを求めたおばあさん方がいっしょに歌われる姿に、歴史は過去ではなく現在そのものだと感じさせられました。また、子どもたちの持つエネルギーと可能性が、固定概念や未来を変えうると実感させられた瞬間でもありました。

釜山日本人学校では、慶州訪問本番の一か月前の事前確認の際、教職員がナザレ園納骨堂を訪れ清掃と慰霊を行うことが伝統となっています。ナザレ園納骨堂は、慶州中心部から40分ほどの港町、甘浦(カンポ)に位置します。納骨堂の存在を示す道路表示等はまったくなく、個人ではなかなかたどり着けない場所です。日本人学校に赴任したばかりの文科省派遣教員には、ここを訪れ、日韓の歴史の変遷を肌で感じてもらうようにしています。お墓からは日本海が臨まれ、その向こうは日本へと続いています。正面の石碑を見ると、この地で人生を終えた皆さんの想いがしのばれます。

過去に勤務していました日本人学校でも、ここ釜山と同様にその地でしか仕組めない授業が行われていました。ニューヨーク日本人学校はユダヤ人学校と敷地・校舎を共用していましたので、ユダヤ人大学教授から日本人学校児童生徒に特別講演を行っていただきました。シルビア・スモーラー博士の、杉原千畝外交官から発給された通過ビザでシベリアそして日本の敦賀を経てアメリカに脱出した話に、子どもたちが目を輝かせて聞き入っていた姿が忘れられません。また、バンコク日本人学校では、子どもたちとバンコク北部のアユタヤを訪れました。日本人町の跡地に実際に立ち、山田長政像に接し、教科書に載っている南シナ海を小さな船で渡った先人の知恵と勇敢さを肌で感じることができました。

令和元年度第1学期は、7月19日で終業いたします。第2学期は8月26日の始業となります。2学期も子どもたちの「自己肯定感」を更に高められる授業や行事を積極的に実施していきたいと考えております。引き続き、関係機関の皆様、保護者の皆様のご理解とご支援をよろしくお願いいたします。

2019年07月19日

手紙

修学旅行から帰ってきた中学生がお世話になった方々にお礼の手紙を出しましたところ、丁寧な励ましのお手紙を頂きましたので紹介します。

拝復 梅雨らしくなってまいりました今日この頃です。先日は皆さんの手紙を読み、少しはお役に立てたのかなと嬉しく思っています。
中学部3年生の〇〇君、〇〇さん、〇〇さん、2年生の〇〇君、〇〇君、1年生の〇〇さん、丁寧なお礼状をいただき、有り難うございました。みなさんの心温まる言葉を読みながら、牛像の由来や飛梅の句の意味、さらには、九州国立博物館での熱心な質問や意見など、修学旅行の目的をしっかり学び理解されている姿を思いだし、改めて感心致しました。
また、食事の場では、和気あいあいと談笑しながら、旅を心から楽しんでいる姿に、微笑ましさを感じ、同時に釜山日本人学校での平素の態度や行動がよくわかりました。支え合い、学び合う姿は、周囲から見ていても心を和ませてくれます。
また、先生方の指導に機敏に対応している姿は、日々の学校生活でいかに先生方との信頼できているかを実証していました。先生と生徒が一つになった中学部だなと感心しました。
本当に楽しく有意義な時を過ごさせていただき、有り難うございました。
これからますます暑くなります。みなさん、お体には充分に気をつけられ、勉学に体力向上に励んでください。また、お会いできますこと、楽しみにしています。 敬具
釜山日本人学校中学部の皆様                                           矢木信男

 

この手紙をくださった矢木信男先生は、今回の中学部修学旅行で、上野嵩良氏(太宰府天満宮OB)とともにボランティアとして、「令和」時代を迎え注目の太宰府天満宮を案内くださいました。
ロンドン、カラカス、高雄の日本人学校、トロントの補習授業校にて勤務された経歴をお持ちです。その豊富な経験を、『イギリスのそよ風にのって』(葦書房)、『カリブの風にのって』(葦書房)、『台湾 緑の風にのって』(ぎょうせい)として出版されています。
矢木信男先生、本校子どもたちのよさを褒めていただき感謝申し上げます。

2019年07月08日

慶州ナザレ園訪問

6月21日、児童生徒と教職員全員で、慶州ナザレ園を訪問しました。
韓国釜山に位置する釜山日本人学校にとって、この訪問は最も大切な授業のひとつです。
小学部・中学部両方の子どもたちが、休み時間等をやり繰りしながら歌や演奏の準備を進めてくれました。
低学年の子どもたちにとってこの訪問の意義を今は深く理解できなくても、いつの日か日韓の歴史に関わる場所を訪れたことの大切さに気づいてくれると期待しています。
今回の訪問には、在釜山日本国総領事館 鎌田領事と、西日本新聞 前田記者も同行くださいました。以下は、前田記者の記事の一部引用です。

韓国の釜山日本人学校の子どもたちと一緒に、慶州市にある在韓日本人妻の福祉施設「慶州ナザレ園」を訪れた。開設から半世紀近く。太平洋戦争前後に朝鮮半島出身の男性と結婚して海を渡った後、身寄りを失うなどした9人が静かに暮らしている。平均年齢は95歳。認知症や寝たきりの人も多い。35年以上、入所者に寄り添ってきた宋美虎(ソン・ミホ)園長は「苦労した分、残りの人生は楽しく暮らしてほしい」と温かく見守る。交流会に参加した入所者は3人だけだったが、小学1年~中学3年の34人と一緒に歌ったり、手遊びをしたりして触れ合った。(後略)

大切な行事に寄り添っていただき、厚く感謝申し上げます。
今後も、この訪問を大事に続けさせていただきます。

2019年06月28日

平成31年度始業式

4月11日に始業式を行い平成31年度がスタートしました。本年度の釜山日本人学校在籍数は、小学部30名、中学部6名、計36名となります。政治的には難しい状況が続いておりますが、関係の皆様のご尽力のおかげで、いわゆる「駐在家庭」の編入学はほとんどない中、児童生徒数は2年前よりプラス10名の状況が維持できております。

さて、5月から新元号「令和」になりますので、4月中は何もかも「平成最後」と称されます。始業式も入学式も「平成最後」となり、ちょっと寂しいような心境になるときもあります。韓国社会では西暦が常用されていますので、入学式等にお越しくださる韓国の皆様にとっては「元号」を新鮮に感じていただけるようです。釜山日本人学校も新元号を迎える本年度、更に一層の教育活動の充実を図る所存です。
皆様のご協力ご支援を、引き続きよろしくお願いいたします。

2019年04月15日

第43回卒業式 式辞

式辞
校庭の桜が開花準備万端となり、春の到来の喜びを感じます。この佳き日に、在釜山日本国総領事館総領事 道上尚史様はじめ、多くの日本・韓国の関係者の皆様にご臨席いただき、第43回釜山日本人学校卒業証書授与式を挙行できますことを心から感謝し、お礼申し上げます。

ただ今、卒業証書を授与された卒業生の皆さん、卒業おめでとう。
小学部卒業の○○さん。放送委員としての活動など小学部最上級生として学校を盛り上げてくれました。○○さんは、いったん北海道の中学校に進学します。ただ、短い期間のうちにまた海外の学校に転校する予定と聞いています。明るい○○さんですから、変化の連続でもしっかり乗り切ってくれると確信します。
同じく小学部卒業の○○さん。○○さんは昨年2学期初めにインターナショナル校から転校してきました。努力家の○○さんはあっという間に日本人学校の生活に慣れ、新しい風を学校に運んでくれました。○○さんは本校中学部への進学です。
中学部唯一の卒業生、○○君。多くの活動で、ただ一人の中学3年生として下級生たちの動きをサポートしてくれました。決して出しゃばらず、しかし、後輩をしっかり支えている○○君の姿からは、先輩としてのやさしさが醸し出されていました。今回の受験での経験を、後輩に伝えてくれているのもそのひとつです。進学先は千葉県の高校です。高校の校長先生から、海外経験、しかも今の時代に日韓両方の言語・文化を体験した新入生が入ってくれるのを嬉しく思うとの言葉を頂いています。自分の夢の実現とともに、高校にもしっかり貢献してくれることを期待します。

さて、本日は、釜山芙蓉会(國田房子会長)関係の皆様にもご臨席いただいております。毎年秋に、釜山市公園墓地にて芙蓉会主催の日本人慰霊碑のお墓参りがあります。関係の皆様が、ここ釜山でお亡くなりになった日本人先人のお参りをされます。その際に、もうひとつ300メートルほど離れたところにあるお墓にもお参りします。そのお墓は、2001年にお亡くなりになったここ釜山出身の李秀賢(イ スヒョン)さんのお墓です。日本に留学していた李秀賢さんは、2001年1月26日、東京のJR新大久保駅で、線路に転落した日本人を助けようとしてお亡くなりになりました。この出来事を約20年前にニュースで見た記憶があります。しかし、ここ釜山に赴任しお墓参りに加えていただくまで、記憶からほとんど消えてしまっていました。在釜山日本国総領事館では、この崇高な精神に敬意を表し、定期的な参拝や追悼行事への支援を継続されています。
また、李秀賢さんのご両親は、本校からすぐ近くの海雲台にお住まいです。最愛のわが子を失ったときのご両親のお気持ちを考えると、いたたまれない思いになります。日本を嫌いにならないのでしょうか。日本の話題には触れたくなくならないのでしょうか。しかし、以前お会いする機会があり、その時、まったく違う言葉をいただきました。「今、日本人学校にはどれくらい子どもたちがいますか」「息子が好きだった日本のお子さんがいる日本人学校に行って、子どもたちに会いたいです」等のことばをいただき、胸が熱くなりました。

卒業生の皆さん。新たな場で、志半ばでこの世を去った李秀賢さんの分までしっかり学びましょう。韓国そして日本両国の良さを自分の体験を通じて周りの人に伝えましょう。このことは、実は皆さんにしかできないことなのです。ここ釜山に暮らし、釜山日本人学校で学んだことを誇りに次の世界にてますます活躍することを期待します。

保護者の皆様・ご家族の皆様に申し上げます。
お子様のご卒業おめでとうございます。
担任をはじめ教職員一同、全力で子どもたちの成長に寄与すべく奮闘してまいりました。しかしながら、まだまだ不十分なことも多かったことと思います。教職員を最後まで信頼しご支援いただいた皆様のご高配に、心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

卒業生の皆さん。新たな活躍を期待しています。
卒業生に幸多かれ。

平成三十一年三月十四日
釜山日本人学校 校長 長 信宏

2019年03月19日

새해 복 많이 받으세요

皆様、新年おめでとうございます。
昨年中は、釜山日本人学校の子どもたちのために多くのご指導ご支援をいただき、感謝申し上げます。本年もよろしくお願いいたします。

保護者の皆様のおかげで第2学期も教育活動の一層の充実を実現することができました。すぐに脳裏に浮かんでくるだけで、「ハンバダ中学校での晴雨対応運動会の開催」「YMIS(青少年多文化国際奉仕団)との交流」「進路説明会の複数開催」「400名が集うPTAバザー」「受験対策講座の開設」「日本各地の大学からのインターシップ生の来校」等々、枚挙にいとまがありません。

12月に実施しました学校評価保護者アンケートにおいても、「教職員について」では100点換算で94ポイント(昨年89)、「学校経営について」では86ポイント(同76)と、全体的には昨年以上に高い評価をいただいております。昨年かなり辛口であった「お子さんについて」でも78ポイント(同70)となっております。なお、本アンケート概要は2月9日第2回PTA総会時にて説明予定です。

このような伸びが可能となっているのは、道上尚史総領事をはじめ在釜山日本国総領事館の皆様、津田裕史会長をはじめ釜山日本人会の皆様、日韓関係機関の皆様、そして保護者の皆様のご支援ご指導のおかげです。教職員一同、このことをしっかり受け止めながら受験の学期かつまとめの学期である3学期の教育活動を一層充実させる所存です。

3学期もよろしくお願いいたします。
2019年01月15日

お礼 日本航空航空教室

先週金曜日(平成30年11月23日)、本校講堂にて、日本航空様による航空教室が開催されました。
前半の「おもてなし講座」を担当頂いたのは、宮原あゆみ様と片山佳恵様。福岡空港支店からお越しくださいました。参加した子ども達の心、そして保護者の皆さんの心を温かくしてくださったお二人の「おもてなし」に感謝申し上げます。
後半の「折り紙ヒコーキ」を担当頂いたのは、キム ヒョナ様と丸田真司様。釜山金海空港支店に勤務しておられます。終わった後でお聞きしたのですが、キム ヒョナ様にとっては実際に子どもたちの前で指導するのは今回が初めてだったそうです。初めてとは思えない、落ち着いて丁寧な話しぶりに感服しました。ありがとうございました。

子どもたちに直接ご指導いただいた皆様に加えて、韓国支店支店長 栗原宏和様と総務部長小岩弘典様には、わざわざソウルからお越しいただきました。また、金海空港支店からは、総務担当のチョウ インスン様とキム ムンギョン様にもお越しいただきました。お忙しい中にお越しいただき、ありがとうございます。

子ども達一人一人の心に響く航空教室を開催いただき、厚く感謝申し上げます。今後とも、よろしくお願いいたします。

 

2018年11月27日

民楽小学校との職員研修

先週木曜日(H30年11月22日)の放課後、子どもたちを見送ってから教職員全員で民楽小学校に向かいました。民楽小学校は、ISB(International School of Busan)※と本校の三校で行っている文化交流会等でお付き合いがある、子どもたちにとってもなじみのある学校です。
年に一回、本校と民楽小学校の二校の職員で研修会が行われており、今年は民楽小学校を会場に行われました。今回は、民楽小学校側の企画で、民楽小学校に設置されている最新鋭のレーザープリンター等を活用して、日韓の先生で編成された少人数グループでの「ものづくり」でした。とはいっても、実際は民楽小学校の機器に精通した若手の先生方のお世話になりながら、日本人学校の先生たちが一生懸命ものづくりをするという内容でした。
会議をするだけでは得られない不思議な連帯感が生まれた研修会でした。
ジョン ムンス校長先生はじめ、今回の研修会に参加いただいた民楽小学校の先生方に感謝申し上げます。

民楽小学校には、今回活用させていただいたレーザープリンター以外に、3Dプリンターも10台ほど設置されていました。日本では、小学校はもちろん中学校でもほとんど見ることのない機器を目にして、釜山広域市の教育にかける情熱を強く感じさせられました。
今回いただいた多くの刺激を糧として、今後の釜山日本人学校教育のハード面、ソフト面の一層の充実に知恵を絞る所存です。
※インターナショナル校は、正式名称をBIFSから上記のISBに変更しました。
2018年11月26日

大学修学入学試験

本日(11月15日)は、朝から韓国全土で修能(スヌン)「2019年度大学修学能力試験」(日本のセンター試験に相当)が実施されています。そのため、朝の通勤時も車が少なく、日本人学校周辺はいつもよりとても静かに感じられます。
午前10時頃、用件がありハンバダ中学校のジョン校長先生を訪ねました。ちょうど同校の生徒たちは時差登校しているところでした。今日は休校になっている学校も多いそうです。
午後の英語のリスニングが行われる時間帯には、航空機の離発着が禁止されるそうです。受験が少しでもよい環境で行われるように国を挙げて協力体制をつくっているのがうかがえます。

本日、韓国全土約1200カ所で受験した約60万人の受験生の幸運を祈念いたします。
2018年11月16日