平成31年度始業式

4月11日に始業式を行い平成31年度がスタートしました。本年度の釜山日本人学校在籍数は、小学部30名、中学部6名、計36名となります。政治的には難しい状況が続いておりますが、関係の皆様のご尽力のおかげで、いわゆる「駐在家庭」の編入学はほとんどない中、児童生徒数は2年前よりプラス10名の状況が維持できております。

さて、5月から新元号「令和」になりますので、4月中は何もかも「平成最後」と称されます。始業式も入学式も「平成最後」となり、ちょっと寂しいような心境になるときもあります。韓国社会では西暦が常用されていますので、入学式等にお越しくださる韓国の皆様にとっては「元号」を新鮮に感じていただけるようです。釜山日本人学校も新元号を迎える本年度、更に一層の教育活動の充実を図る所存です。
皆様のご協力ご支援を、引き続きよろしくお願いいたします。

2019年04月15日

第43回卒業式 式辞

式辞
校庭の桜が開花準備万端となり、春の到来の喜びを感じます。この佳き日に、在釜山日本国総領事館総領事 道上尚史様はじめ、多くの日本・韓国の関係者の皆様にご臨席いただき、第43回釜山日本人学校卒業証書授与式を挙行できますことを心から感謝し、お礼申し上げます。

ただ今、卒業証書を授与された卒業生の皆さん、卒業おめでとう。
小学部卒業の○○さん。放送委員としての活動など小学部最上級生として学校を盛り上げてくれました。○○さんは、いったん北海道の中学校に進学します。ただ、短い期間のうちにまた海外の学校に転校する予定と聞いています。明るい○○さんですから、変化の連続でもしっかり乗り切ってくれると確信します。
同じく小学部卒業の○○さん。○○さんは昨年2学期初めにインターナショナル校から転校してきました。努力家の○○さんはあっという間に日本人学校の生活に慣れ、新しい風を学校に運んでくれました。○○さんは本校中学部への進学です。
中学部唯一の卒業生、○○君。多くの活動で、ただ一人の中学3年生として下級生たちの動きをサポートしてくれました。決して出しゃばらず、しかし、後輩をしっかり支えている○○君の姿からは、先輩としてのやさしさが醸し出されていました。今回の受験での経験を、後輩に伝えてくれているのもそのひとつです。進学先は千葉県の高校です。高校の校長先生から、海外経験、しかも今の時代に日韓両方の言語・文化を体験した新入生が入ってくれるのを嬉しく思うとの言葉を頂いています。自分の夢の実現とともに、高校にもしっかり貢献してくれることを期待します。

さて、本日は、釜山芙蓉会(國田房子会長)関係の皆様にもご臨席いただいております。毎年秋に、釜山市公園墓地にて芙蓉会主催の日本人慰霊碑のお墓参りがあります。関係の皆様が、ここ釜山でお亡くなりになった日本人先人のお参りをされます。その際に、もうひとつ300メートルほど離れたところにあるお墓にもお参りします。そのお墓は、2001年にお亡くなりになったここ釜山出身の李秀賢(イ スヒョン)さんのお墓です。日本に留学していた李秀賢さんは、2001年1月26日、東京のJR新大久保駅で、線路に転落した日本人を助けようとしてお亡くなりになりました。この出来事を約20年前にニュースで見た記憶があります。しかし、ここ釜山に赴任しお墓参りに加えていただくまで、記憶からほとんど消えてしまっていました。在釜山日本国総領事館では、この崇高な精神に敬意を表し、定期的な参拝や追悼行事への支援を継続されています。
また、李秀賢さんのご両親は、本校からすぐ近くの海雲台にお住まいです。最愛のわが子を失ったときのご両親のお気持ちを考えると、いたたまれない思いになります。日本を嫌いにならないのでしょうか。日本の話題には触れたくなくならないのでしょうか。しかし、以前お会いする機会があり、その時、まったく違う言葉をいただきました。「今、日本人学校にはどれくらい子どもたちがいますか」「息子が好きだった日本のお子さんがいる日本人学校に行って、子どもたちに会いたいです」等のことばをいただき、胸が熱くなりました。

卒業生の皆さん。新たな場で、志半ばでこの世を去った李秀賢さんの分までしっかり学びましょう。韓国そして日本両国の良さを自分の体験を通じて周りの人に伝えましょう。このことは、実は皆さんにしかできないことなのです。ここ釜山に暮らし、釜山日本人学校で学んだことを誇りに次の世界にてますます活躍することを期待します。

保護者の皆様・ご家族の皆様に申し上げます。
お子様のご卒業おめでとうございます。
担任をはじめ教職員一同、全力で子どもたちの成長に寄与すべく奮闘してまいりました。しかしながら、まだまだ不十分なことも多かったことと思います。教職員を最後まで信頼しご支援いただいた皆様のご高配に、心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

卒業生の皆さん。新たな活躍を期待しています。
卒業生に幸多かれ。

平成三十一年三月十四日
釜山日本人学校 校長 長 信宏

2019年03月19日

새해 복 많이 받으세요

皆様、新年おめでとうございます。
昨年中は、釜山日本人学校の子どもたちのために多くのご指導ご支援をいただき、感謝申し上げます。本年もよろしくお願いいたします。

保護者の皆様のおかげで第2学期も教育活動の一層の充実を実現することができました。すぐに脳裏に浮かんでくるだけで、「ハンバダ中学校での晴雨対応運動会の開催」「YMIS(青少年多文化国際奉仕団)との交流」「進路説明会の複数開催」「400名が集うPTAバザー」「受験対策講座の開設」「日本各地の大学からのインターシップ生の来校」等々、枚挙にいとまがありません。

12月に実施しました学校評価保護者アンケートにおいても、「教職員について」では100点換算で94ポイント(昨年89)、「学校経営について」では86ポイント(同76)と、全体的には昨年以上に高い評価をいただいております。昨年かなり辛口であった「お子さんについて」でも78ポイント(同70)となっております。なお、本アンケート概要は2月9日第2回PTA総会時にて説明予定です。

このような伸びが可能となっているのは、道上尚史総領事をはじめ在釜山日本国総領事館の皆様、津田裕史会長をはじめ釜山日本人会の皆様、日韓関係機関の皆様、そして保護者の皆様のご支援ご指導のおかげです。教職員一同、このことをしっかり受け止めながら受験の学期かつまとめの学期である3学期の教育活動を一層充実させる所存です。

3学期もよろしくお願いいたします。
2019年01月15日

お礼 日本航空航空教室

先週金曜日(平成30年11月23日)、本校講堂にて、日本航空様による航空教室が開催されました。
前半の「おもてなし講座」を担当頂いたのは、宮原あゆみ様と片山佳恵様。福岡空港支店からお越しくださいました。参加した子ども達の心、そして保護者の皆さんの心を温かくしてくださったお二人の「おもてなし」に感謝申し上げます。
後半の「折り紙ヒコーキ」を担当頂いたのは、キム ヒョナ様と丸田真司様。釜山金海空港支店に勤務しておられます。終わった後でお聞きしたのですが、キム ヒョナ様にとっては実際に子どもたちの前で指導するのは今回が初めてだったそうです。初めてとは思えない、落ち着いて丁寧な話しぶりに感服しました。ありがとうございました。

子どもたちに直接ご指導いただいた皆様に加えて、韓国支店支店長 栗原宏和様と総務部長小岩弘典様には、わざわざソウルからお越しいただきました。また、金海空港支店からは、総務担当のチョウ インスン様とキム ムンギョン様にもお越しいただきました。お忙しい中にお越しいただき、ありがとうございます。

子ども達一人一人の心に響く航空教室を開催いただき、厚く感謝申し上げます。今後とも、よろしくお願いいたします。

 

2018年11月27日

民楽小学校との職員研修

先週木曜日(H30年11月22日)の放課後、子どもたちを見送ってから教職員全員で民楽小学校に向かいました。民楽小学校は、ISB(International School of Busan)※と本校の三校で行っている文化交流会等でお付き合いがある、子どもたちにとってもなじみのある学校です。
年に一回、本校と民楽小学校の二校の職員で研修会が行われており、今年は民楽小学校を会場に行われました。今回は、民楽小学校側の企画で、民楽小学校に設置されている最新鋭のレーザープリンター等を活用して、日韓の先生で編成された少人数グループでの「ものづくり」でした。とはいっても、実際は民楽小学校の機器に精通した若手の先生方のお世話になりながら、日本人学校の先生たちが一生懸命ものづくりをするという内容でした。
会議をするだけでは得られない不思議な連帯感が生まれた研修会でした。
ジョン ムンス校長先生はじめ、今回の研修会に参加いただいた民楽小学校の先生方に感謝申し上げます。

民楽小学校には、今回活用させていただいたレーザープリンター以外に、3Dプリンターも10台ほど設置されていました。日本では、小学校はもちろん中学校でもほとんど見ることのない機器を目にして、釜山広域市の教育にかける情熱を強く感じさせられました。
今回いただいた多くの刺激を糧として、今後の釜山日本人学校教育のハード面、ソフト面の一層の充実に知恵を絞る所存です。
※インターナショナル校は、正式名称をBIFSから上記のISBに変更しました。
2018年11月26日

大学修学入学試験

本日(11月15日)は、朝から韓国全土で修能(スヌン)「2019年度大学修学能力試験」(日本のセンター試験に相当)が実施されています。そのため、朝の通勤時も車が少なく、日本人学校周辺はいつもよりとても静かに感じられます。
午前10時頃、用件がありハンバダ中学校のジョン校長先生を訪ねました。ちょうど同校の生徒たちは時差登校しているところでした。今日は休校になっている学校も多いそうです。
午後の英語のリスニングが行われる時間帯には、航空機の離発着が禁止されるそうです。受験が少しでもよい環境で行われるように国を挙げて協力体制をつくっているのがうかがえます。

本日、韓国全土約1200カ所で受験した約60万人の受験生の幸運を祈念いたします。
2018年11月16日

お礼 釜山外国語大学校

本ホームページ「ニュース」でも紹介されましたとおり、先日中学部の生徒たちは、釜山外国語大学校を訪問し、たくさんの貴重な体験を積ませていただきました。
なかでも、釜山外国語大学校 鄭起永 総長自ら、中学生のために時間をつくり生徒たちに直接ご自分の体験や研究について語ってくださいましたのは、私たち全員にとって、思いがけない大きな感激でした。 
特に、米国のプリンストン大学で教鞭をとっておられたときの子育てのお話は興味深いものでした。当時就学年齢だった上のお子さん二人は、米国の学校に在籍させていたそうです。そこまでは、日本人帰国子女でもよくある選択です。その後の話が意外でした。月曜日から金曜日は米国の学校に通いながら、週末はプリンストン日本語補習授業校に通わせ、日本語を学ばせていたそうです。プリンストン補習授業校は、日本人学校と補習授業校の違いはありますが、釜山日本人学校と同じく日本の文部科学省に認可された在外教育施設です。このときの、平日昼間は英語中心、週末昼間は日本語中心、そして自宅では韓国語中心の生活が、お子さんのその後にとってとても有益な体験となったと、中学生たちに熱く語ってくださいました。さらに、ご自分の受験での失敗体験と成功体験、メタ認知に基づいた学習方法、親子の会話の大切さ等々、親身になって子どもたちに語りかけてくださいました。

今回いただいたお話は、現在「外国」での生活を「余儀なく」されている子どもたちにとって、自分たちの今と将来をより客観的に見つめる貴重な機会になったと思います。総長としてのお忙しいスケジュールの中に、他国の中学生のためにお時間をつくってくださった鄭起永総長の教育者としての寛容さと愛情に、心から感謝申し上げます。
2018年10月30日

釜山国際映画祭

先週の木曜日(10月4日)から、学校から車で約10分の映画の殿堂をメイン会場に、第23回釜山国際映画祭が開催されています。今年は、開会式で音楽家の坂本龍一氏が「今年のアジア映画人賞」の表彰を受けました。「戦場のメリークリスマス」「ラストエンペラー」そして今回上映された日韓中合作の「マイ ティラノ」はじめとする功績に対して贈られた賞とのことです。レッドカーペットを錚々たるスター・監督・プロデューサーが大歓声の中を歩んだ直後、急におとずれた静寂の中での坂本氏の約10分のピアノソロ演奏は圧巻でした。

また、開会式には、坂本氏以外にも、日本からの映画関係者が多数参加し、韓国のマスコミに大きく取り上げられています。日本映画の人気はとても高く、入場券はほとんど売り切れで手に入りません。

 

日本人学校のすぐ近くで、アジア最大級の映画祭が開かれ、そこで日本関係者が高く評価されているのは、嬉しい限りです。子どもたちにとっても、大きな刺激となっていることが感じられるこの頃です。

2018年10月11日

岡部友さん来校

先週の金曜日(9月28日)、プロフィットネストレーナーの岡部友さんにお越しいただき、体育特別授業を実施していただきました。岡部友さんが学校の玄関に入られた瞬間から、校内が華やかな雰囲気に包まれました。岡部さんをお待ちしていた子どもたちはもちろん、保護者の皆様の表情も柔らかな笑顔が一気に増えたことがとても印象的でした。

特別授業の様子は本ホームページ「ニュース」にあるとおりです。実は、特別授業の終わった後も、子どもたちとの写真撮影やサインに応じてくださり、申し訳ないくらい一人一人に丁寧な心遣いをいただき、厚く感謝申し上げます。

寄贈いただいた著書「筋トレが折れない私をつくる」にありますように、子どもたちに「前の自分より少しずつ良くなっていること」「目標や目的に他者が入っていない」ことを実感させていただいた特別授業でした。

岡部友さんが子どもたちの心と身体に残していただいた「折れない私」の芽を、私たち釜山日本人学校教職員全員で大切に育てていきます。

ハードスケジュールの中にお越しいただき、本当にありがとうございました。

釜山日本人学校一同、ますますのご活躍を期待し応援しております。

 

2018年10月02日

東京学芸大学生来校

今週の月曜日(9月3日)、東京学芸大学多文化共生コースの大学2年生6人が本校を訪れました。1時間目に本校概要等の説明を受けた後、2時間目から4時間目の授業に入り、そして昼食の時間まで、子どもたちと過ごしてくれました。以下は、学生さん達からいただいた感想等の一部です。近い将来、日本国内そして在外教育施設で活躍されるようになったとき、釜山日本人学校での経験が役立てば幸いです。

 

Aさん

少人数ならではのよさがたくさん感じられた見学でした。生徒も先生も全校生徒の顔と名前を知っていて、誕生日の子がいるクラスに全員で行ってお祝いしたり、すれ違った先生が学年関係なく生徒に声をかけていたりしたのが印象的でした。授業でも、日本の小学校よりも学級の人数が少なく一人あたりに目を向けられる時間が長いのがいいなと思いました。一方で、少人数ならではの大変さも感じました。先生方は空きコマなく授業をされていて、その合間に宿題のチェックや事務作業をされていて、とても忙しそうでした。

大規模日本人学校と違い、現地校との交流や、総合的な学習の時間を用いての韓国語の授業が、日本人学校の良さを活かしていてせっかく韓国に来ているならという保護者の意向に学校側が叶えられているのが良いなと感じました。

 

Bさん

音楽の授業で和太鼓を取り入れてることが、少人数ならでは。和太鼓は楽譜がないため、前年の子が指導の中心となっていた。和太鼓の「鼓動」が佐渡にあり、彼らのVTRはYouTube等でみれるため、ぜひ一度生徒達にみてほしい。校門の開閉など、セキュリティがしっかりしている。ただ、他校ほどではないと感じた。他校では警備員常在であり、また狙われないためにスクールバスの時間を不定期にしていた。給食は無く、基本お弁当だと知った。親と先生との距離も近く、生徒の発達を見守る上でとてもいい。釜山日本人学校は、他の現地校との交流があったりして、現地の子供達との関わりがある。

生徒1人当たりに対しての頭数は充分かもしれないが、業務に対して先生の数があまりにも少ない。頭数を増やすか、業務を縮小するかしなければならない。韓国のみならず、世界にある日本人学校で言えることだが、日本人学校の学費をもっと安くしたい。ダイアンドモンドブリッジにも近く、立地が最高。誕生日を全校生徒で祝う習慣や、生徒の出身地ボードなど、少人数を生かした企画が多く、全校生徒皆の繋がりが強いのがいいと思った。アットホームな空気感。

(○○ちゃんの先生へ:素敵なプログラムを組んでいただき、ありがとうございます。貴重な機会となり、この経験や感じたことを、次に繋げていけるよう努めます。これは、現地にいらっしゃる、○○ちゃんや先生のご協力なしには経験できません。本当にありがとうございます。私も、もっと人とのつながりを大切に生きたいと強く感じました。また、釜山に来たいと思います。)

 

Cさん

実際に授業を見学して、日本の公立学校との違いなどを発見できたのは非常に貴重な経験でした。ありがとうございました。その違いの中で、特に印象的だったのは、少人数を活かした教育でした。私は、英語(中1)と国語(小3)の授業に入りましたが、どちらも生徒一人ひとりに発表や意見表明の機会があり、さらにその意見一つ一つを先生が拾うことができていて、少人数ならではで素晴らしいと思いました。しかし、少人数故に大勢の前に立って発表するという機会はあまりなく、それを補うために英語の暗唱発表があると伺いました。ほとんどの生徒が日本に帰国するということで、日本の公立学校に戻った時も想定されていて良いと思いました。こういった少人数制は、先生の負担が大きいとは思いますが、個々の生徒をフォローするという点では、今後日本で教師になる上で参考にしたいです。

また、生徒の英語のレベルが日本の同学年のそれよりもかなり高く驚きましたが、その差が生じる要因などを探求してみたいと思いました。そういった高い英語レベル、外国に住んでいるということを強みに生徒たちは今後の人生を生きていけるのではないかと改めて思いました。

 

Dさん

大規模日本人学校に行ったことがある。もちろん現地語の授業が週一回あるとか、現地校との交流はあるものの、かなり閉鎖的な空間であったし、日本よりも日本らしい学校であった。一方、釜山日本人学校は少人数であるので柔軟性があり、対外的な交流、釜山にあるという特性を生かした交流が多くあると伺った。確かに、職員室への入り方など、かなり日本らしいと感じる点もあったが、日本における先生と児童生徒間の距離のある雰囲気が一切なく、アットホームな雰囲気だった。日本人学校は児童生徒の出入りが激しいが、私たちをすぐに歓迎してくれたように、新しい児童生徒が来ても安心して通える環境であると感じた。

もちろん先生の数も少人数であるのでかなり負担が大きいのは感じた。専門外の教科の指導を始めとして、最大で3年しかいられないので慣れる前に異動になってしまう、また、道徳などの教科もあるため、授業準備の時間や課外活動の準備など、かなり忙しそうであった。今回、道徳の授業も参加させていただいたのだが、よく知った先生、友達とやるからか、児童に若干の気恥ずかしさが見られた。少人数の教室では学べないことも題材として取り上げなければいけないので、なかなか授業構成も大変だと感じた。私は1学年100人以上いる学校でしか過ごしたことがないので、1学年数人しかいない日本にある小規模校の実態についても興味をもった。

 

Eさん

今回訪れたプサン日本人学校は、以前行かせて頂いたアジアの補習授業校に似たものを感じた。どちらも小中一貫で全校生徒は40名前後、教師の数が足りていないという共通の課題もあった。この補習授業校では、その課題への対策として、親が教師となり、個人で製作した教科書を用いて勉強しており、日本の公立校におけるPTAが大きく学校の運営に干渉しているという状況だった。ただ、日本人学校は一条校に準ずる扱いの学校であるため、教科書は検定済みのものでないといけないし、教師は教員免許が必須なので、教員不足を保護者で補うことは出来ない。

そのため、教師をより募集する他にその問題を解決する方法はないと考えられる。日本国内でも教員不足が問題視されている今、文部科学省が行っている、大学の教員養成課程の削減は行われるべきではないと考えた。

この問題は、国の財政面において、教育界のみの問題ではないだろう。教育面にかける費用を減らすことには反対だ、と今回改めて思ったし、現地の教員不足は想像以上に深刻であるとわかった。

 

Fさん

・私にとっても貴重な体験となりました。

・日本人学校を目指して、教員免許の取得に頑張りたいと思いました。

2018年09月06日