よくある質問

本校への入学や生活に関する最近の質問をまとめました。 詳細は学校に直接お問い合わせください。
質問1 釜山日本人学校への入学を希望する場合、どこに相談すればいいですか。

まず、釜山日本人学校にEmailか電話でご連絡ください。教頭がご質問に具体的にお応えします。その際、学校見学を希望されれば期日を調整します。

Eメール:釜山日本人学校ホームページ[busanjs.com]の「お問い合わせフォーム」をご利用ください
電話  :+82-51-753-4166(平日10時~17時)

質問2 日本国籍以外の子どもも編入学(以下、「入学」)できますか。

釜山日本人学校規則により、本校の主たる教育対象は、釜山広域市及びその周辺に在留する日本人保護者の子女です。ただ、文部科学省から認可された在外教育施設として、グローバル人材育成最前線としての役割も果たすことも求められております。したがって、特別なケースにつきましては、釜山日本人会が設置する釜山日本人学校運営委員会(以下、「運営委員会」)にて、入学の可否について審議いたしますので、まず学校までご相談ください。

  質問3 スクールバスのルート外に住んでいたら入学できないのでしょうか。

原則はPTA運営によるスクールバスでの通学です。スクールバス利用者の減少は、個々のバス料金の値上げにつながりますので、ご理解ください。

  質問4  教科書は日本人学校でもらえますか。

日本から来られる場合,出国前に海外子女教育振興財団にて必ず教科書を受領してください。詳細は, 海外子女教育振興財団ホームページ(www.joes.or.jp)にてご確認ください。なお、インターナショナル校等からの場合、在籍中に領事館で毎年必ず、教科書をもらってください。

  質問5 どんな先生がいますか。

日本の文部科学省から派遣された先生とカナダ人の先生(英会話)、韓国人の先生(韓国語・図工美術)が授業を行っています。

  質問6 学校での服装について教えてください。

日常の学校生活での服装については特に規定はありません。ただし、入学式、卒業式その他儀式的行事に際しては、礼を失しない服装を心がけてもらっています。

  質問7 中学3年生の子どもがいます。いつでも入学可能でしょうか。

入学相談には随時対応いたします。ただし、日本の高校入試等を控えた中学3年生につきましては入試直前の諸対応が困難なケースが考えられます。したがって、できるだけ早い時期のご相談をお願いします。

質問8 入学時に必要な費用について教えてください。

入学時に以下の費用を納入いただきます。
  • 入学金   13万ウォン(1名につき)
  • 寄付金    5万ウォン(1家庭につき)
  • 特別寄付金 18万ウォン(日本人会員でない場合に年会費相当額として)
  • 施設寄付金 日本円で25万円か相当額のウォン


質問9 毎月必要な費用について教えてください。

毎月以下の費用を納入いただきます。

  • 学校運営費 47万ウォン

  • 通学バス代 5万5千ウォン

  • PTA会費  5千ウォン

  • 暖房費   4万ウォン前後(冬季のみ)

質問10 中学部卒業後の進路状況について教えてください。

最近の主な進路状況(合格学校・順不同)は以下のとおりです。

  • 開成高等学校
  • 西武学園文理高等学校
  • 東京学芸大学附属高等学校
  • 日比谷高等学校
  • 早稲田大学 高等学院
  • Busan International Foreign School
  • 立教英国学院高等部
  • 立命館宇治高等学校
  • 早稲田佐賀高等学校
  • 大垣日本大学高等学校
  • 関東国際高等学校
  • 岐阜県立大垣北高等学校
  • 岐阜工業高等専門学校