~中学部・家庭科「お弁当作り」~

 11月9日(金)中学部は、家庭科の時間に「お弁当作り」を行いました。
事前に自分で献立を立てました。「汁気はあまりないほうがいい」「冷めてもおいしい」などを意識して考えました。授業でもお弁当作りのポイントとして「栄養を考えた献立」
「朝の短時間で作れるもの」「家にある材料で作る」と習いました。
 調理実習は、タイマーを使い、時間を意識しててきぱきと行われました。ニンジンがなかなか柔らかくならない…。玉子焼きは火加減が難しいなど試行錯誤していました。
「お母さんたちは、毎日こうやって大変な思いをしてお弁当を作ってくれていたのか!」と改めて感謝したいという感想も聞かれました。
 完成後、みんなでおいしくお弁当をいただきました!
 調理のみならず、日ごろお弁当を作ってくれている人の思いも学んだ調理実習でした。





















 

2018年11月15日