~なわとび練習がスタート!~

 1月15日(火)の中休みから保健体育委員の主導で「ファミリーによる長縄練習」がスタートしました。
 これは、釜山日本人学校の毎年1月の恒例行事になっている「なわとび大会」に向けた取り組みのひとつです。
 「なわとび大会」は【個人の部】と【団体の部】が2日間にわたり実施されるもので、
 【個人の部】では、両足跳び前、両足跳び後、交差跳び、あや跳び、二重跳びの5種目を
 制限時間内に学年ごとの規定回数を跳ぶことを目指し頑張ります。
 一方、【団体の部】では、小学部1年生~中学3年生までの縦割りグループである4つの
 「ファミリー」に分かれて長縄の連続跳びの合計回数を競います。その第一回目の全体練習が行われました。これから、跳び方、回し方を工夫したり、かけ声を決めたり、それぞれのファミリーが団結して本番を目指します。果たして何回の跳ぶことができるのか、ぜひ、ご期待ください。




















2019年01月16日