~「新年お楽しみ会」が行われる!~

 1月17日(木)釜山日本人学校講堂において「新年お楽しみ会」が開催されました。
 これには、釜山総領事館と芙蓉会の関係者の方にもご参加頂きました。

 第一部は、福岡県の沢柳企画さんから【はせがわ天晴(あっぱれ)】さんという芸人さんが パントマイムとバルーンアートをおもしろ楽しく披露してくださり、子どもたちは、見入ったり、大きな拍手を送ったりして大喜びしていました。
 特にパントマイムは、そこにはない壁や大風などを身振り手振り、そして表情で巧みに表現されていて、見ていてとても感動しました。
 続くバルーンアートでは、音楽とあっぱれさんの巧妙なトークで、テンポよく次々と風船が動物や物に大変身、小学部の児童たちは、目を丸くしたり、大きな歓声をあげたりして、大喜びでした。
 最後に、私たちが11月のPTAバザーで売り上げた収益金の一部を、沢柳企画さんを通して平成30年7月豪雨の被災地に義援金として贈ることになりました。児童生徒会代表から天晴さんに手渡しました。
























 
 第二部は、芙蓉会の國田房子会長から贈って頂いたもち米を、PTAのお母様たちが朝早くからご準備してくださり、それを蒸らして「お餅つき体験」をしました。
 小学部1年生から中学部までみんなが杵を元気いっぱいに振り上げ、“ヨイショ!ヨイショ!!”のかけ声にあわせて餅をついていきました。
 できあがったお餅は、きなことあんこ餅にしておいしく頂きました。
 また、むかしの遊びコーナーも用意され、コマやだるま落とし、けん玉やめんこ、福笑いなどを思い思いに楽しみました。
 海外に居ながら、お正月気分を楽しんだり、楽しいパフォーマンスを見たりして、とても楽しい時間を過ごすことができました。
 ご協力いただいた皆様、大変にありがとうございました!


2019年01月25日